統合失調症とは?

<統合失調症(とうごうしっちょうしょう/schizophrenia)>

昔は「精神分裂病」という病名でしたが、2002年に「統合失調症」へ名称変更されました。

統合失調症とは、思考・感情などを”統合”する能力が失われることで生じる精神疾患である。

 

統合する能力が失われる多くの場合は・・・

うつ病・適応障害などに見られるものと区別が難しいことがあり、

確定診断は幻覚・妄想などの症状の有無によって下されることが多いです。

 

平成26年の厚生労働省による患者調査結果では・・・

統合失調症の患者数は現在約77万人もいるとされております。

「生涯有病率1%=100人のうち1人は一生のうちに発症する」とも言われています。

(男性は15~25歳、女性は25~35歳頃に発症するケースが多い傾向にあります)

 

つまり、統合失調症は決して珍しい病気ではないのですが、どのような病気か全然知られていないのが現状です。

 

統合失調症の発症原因はいまだに解明されていませんが、

神経伝達物質の問題・遺伝的な要因・ストレス要因が重なって発症するのではと言われています。

 

<症状>

統合失調症の主な症状には【陽性症状】【陰性症状】【認知機能障害】の3つがあります。

陽性症状とは・・・

「陽性=本来”ない”はずのものが “ある”」という意味であり、

「自分は常に監視されている」などの妄想や「自分の噂話や悪口が聞こえる」などの幻覚を感じたりすることです。

陰性症状とは・・・

「陽性=本来”ある”はずのものが “ない”」ということで、

表情が少ない・視線が合わない・抑揚やジェスチャーが減るなどの会話が進まないなど、

外部からの刺激に対して、自然に起こるはずの喜怒哀楽の感情が起こりにくくなる感情の平板化がおきます。

また、服装・化粧・持ち物・身だしなみへの関心、仕事・勉強などへの意欲の低下が起こるケースが多いです。

認知機能障害とは・・・

大切なことを忘れる、集中力が落ちる、複数人での会話は雑音のように感じて聞き取れないなど、日常生活で苦労するような問題が起こることです。

 

 

 

周囲の人が気付くための病気のサイン

統合失調症の患者さんのほとんどは、「自分が病気だ」という認識はありません。

本人にとっては、幻視・幻聴・妄想などはすべて本当のことに思えているからこそ、周囲の人が気付いてあげることが重要です。

 

一番分かりやすいサインは「これまでできていた普通のことができなくなる」ことです。

朝起きて身支度をする、朝食を食べて学校(仕事)に行く、友達付き合いなどが急にできなくなり、ふさぎ込むようになったら、

別の原因の可能性もありますが、「統合失調症の前兆かも」と念頭に置いおくと、今後の対応がしやすくなるかもしれません。

 

本人はこれまで出来たことができなくなり、つらく苦しい気持ちを抱えていますので、

頭ごなしに否定せずに、話をよく聞き、受け止めた上で、関係各所に相談してきましょう。

 

くれぐれも自分や家族だけで抱え込まずに、精神保健福祉センターなどに相談してみることも一つの方法です。

また、患者さんは受診を嫌がることも多いですが、心身の不調による「つらさ」を感じているため、

「身体の不調や辛そうにしているのが心配だから、病院で相談してみよう」と伝えると、少し受診しやすくなるかと思います。

記事一覧へ戻る